スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今をより良くするには

アルフォンス・デーケン上智大学名誉教授の公開講座に参加してきました。

以前に彼の著作『よく生きよく笑いよき死と出会う』を読んでいて、彼の名で検索したらヒットしたので、出不精の自分には珍しく行ってみることにしました。

よく生き よく笑い よき死と出会うよく生き よく笑い よき死と出会う
(2003/09/17)
アルフォンス・デーケン

商品詳細を見る


初めて行く場所で右往左往しながら、無事会場へ。

すでに始まっていた講座は老若男女色々な方がユーモアを交えつつ語られるデーケン氏の話に耳を傾けていました。

講座の内容は、上記著作のタイトルからも分かるように、彼の研究テーマである死生学です。

なじみの無い言葉ですが、誰にでもやってくる死という現実にどう向き合っていくか、別の言い方をすれば、いかに人は自分の生命を生き抜くかを考えていくということ。

黒澤明作品「生きる」でも扱われているテーマですが、人は死ぬことを考えることで、生きることをより実りあるものにしていこうという気持ちになれるのだと思います。
生きる<普及版>生きる<普及版>
(2007/12/07)
志村喬;小田切みき;小堀誠;金子信雄;千秋実

商品詳細を見る







  1. 2008/10/13(月) 01:13:23|
  2. 徒然日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

千葉会場のお手伝いにいってきました

8月26・27日に千葉市文化センターホールで開催された「生命のメッセージ展in千葉」のお手伝いに行ってきました。

~前日準備~

早稲田からのスタッフに加え、文教大学からも応援に駆けつけて、大勢での開催準備となりました。
2008_0623italy0028.jpg

2008_0623italy0037.jpg

各地の運営主体と学生ボランティア等が協力して会場を作り上げていきます。


~開催日~

厳かな雰囲気の中で、来場者とメッセンジャーは対面していました。

2008_0623italy0062.jpg



2008_0623italy0071.jpg



2008_0623italy0060.jpg



2008_0623italy0076.jpg




2008_0623italy0094.jpg
次の会場への引継ぎ式 千葉から出雲へと向かいます。






2008_0623italy0056.jpg


2008_0623italy0085.jpg
閉会セレモニーに参加させていただきました。








テーマ:アート - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/10/12(日) 18:51:04|
  2. in千葉
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

久しぶりに更新

久しぶりの記事となりました。
今日はふとした時に手に取ってみたくなる本をご紹介。

詩人坂村真民氏の作品を収めた
『花ひらく 心ひらく 道ひら』です。
花ひらく心ひらく道ひらく (講談社プラスアルファ新書)花ひらく心ひらく道ひらく (講談社プラスアルファ新書)
(2001/05)
坂村 真民

商品詳細を見る


過去の自分のダメさにうんざりして将来に不安を覚えたり、一体世の中どうなってしまうんだろうと不安に駆られてやるせなくなったり、何か生きていくうえで確たる指針が欲しい。
そんな時にふとページをめくってみては、ここに収められた詩を口にしては、心を静めるように努めています。

「念ずれば花ひらく」「尊いのは足の裏である」「何かをしよう」等々。
沢山の人生の悲哀を味わった作者だからこそ発せられる作品によき人生の道しるべとなってもらっています。

「念ずれば花ひらく」
これからどんな花を咲かせようかな。








  1. 2008/10/09(木) 12:00:00|
  2. 徒然日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

生命のメッセージ展とは

生命のメッセージ展とは、犯罪・事故・いじめ・医療過誤・一気飲ませなどの結果、理不尽に生命を奪われた犠牲者が主役のアート展です。

犠牲者ひとりひとりの等身大の人型パネル、その足元に「生きた証」である靴、そして遺された家族の言葉などのメッセージを通して、犯罪被害者・遺族の人権を訴えるとともに、「生命の重み」をつたえています。

私たちは生命が暴力的に奪われることのない、生命をしっかり守ることの出来る社会の実現を夢見ているのです。

「生命」とは「命が生まれる」「命を生きる」、人型となった犠牲者たちは、「生命の重み」を伝えるメッセンジャーとなって生きているのです。

  1. 2008/10/09(木) 08:00:36|
  2. 生命のメッセージ展って?
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

運営の裏側をお見せします

運営の裏側ってどうなっているか気になりません?

ちょっと気になる(?)その様子をお伝えします。

昨日はミーティングを行いました。

私は今年が参加2年目なのですが、段々と本番に向けて形になっていく様が見られるのは運営に携わるものにとって大きな楽しみです。

今回も本番に向けて新たな展開が見られたのでお知らせです。


開催場所として早稲田ギャラリーの使用が認められました

早稲田キャンパスのそばという事で、とっても目立ちます

開催のいいアピールになるんじゃないかと期待が高まります

話し合われたこと
・開催場所の決定
・メッセンジャー搬入の手配
 全国を旅して回っているメッセンジャーは、大阪から早稲田にやって来るそうです
・早稲田祭の企画 お楽しみに
・広報の仕方
等など









  1. 2008/09/10(水) 10:00:00|
  2. ミーティング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。